【前期】公務員試験対策講座<3・4年生・院生対象>市役所(教養試験)コース

本コースで目指せる公務員

  1. 市役所職員
  2. 国立大学法人職員等
  3. 学校事務・その他(大阪府庁、大阪市役所、刑務官、入国警備官など)

講座概要

公務員試験(教養科目の試験)に必要とされる全範囲を1年間で学習します。
教養科目は出題範囲が広いため、効率的に学習することが重要です。
過去問題を徹底的に分析し、試験に頻出する内容に絞った講義を実施します。
また、小論文や面接対策等の2次試験対策も万全に行います。



募集定員 200名
時間数 全198時間
受講料 42,900円(教材費込・税込)

 ※受講料は2019年3月現在の「税込」価格です。
消費税が10%に上昇した場合は現在の表示価格から差額2%分が追加で発生します。


※定員を超える申し込みがあった場合は、抽選となります。

※講座の詳細や申込方法は、キャリアセンター資格コーナー窓口までお気軽にお問合わせください。

受講生の声



公務員試験対策講座 市役所(教養試験)コース

法学部 政策法学科 
 4年 大坊 和己さん

予備校に通うか悩みましたが、学内で講座を受講できることで、時間を有効活用できると考えたため受講を決めました。 公務員試験は長く、辛いです。勉強を始めたばかりの頃は科目の多さに圧倒されモチベーションを保つことに苦労しました。しかし、講師の方々や資格コーナーの方々が、どんな些細な不安でも親身になって相談に乗ってくれたりしたことや、共に受講している友人達の存在が心の支えになりました。そうして強い気持ちを持ち、地道にコツコツと勉強に取り組むことで、最終的に合格するこができました。近年は面接重視の自治体が増えていますので、勉強だけでなく、大学生活を通して様々な経験をし、自分だけの強みを見つけていきましょう!

※講座名、学年は受講時のものです。

受講生の声



公務員試験対策講座 市役所(教養試験)コース

経営学部 経営学科 
 4年 中上 結理さん

講座の受講を決めた理由は、大学の行事や授業を考慮して講座の授業スケジュールが組んであるため、予備校に比べて受講しやすいと考えたからです。また、私は二次対策が不安でしたので、小論文やESの書き方、面接対策の方法を試験対策のプロである、講師の先生から教えていただくことで対策をしようと思いました。特に、小論文の対策には苦労しましたが、何度も先生に添削とアドバイスをいただくことで、少しずつ自信がつき、試験や面接でも落ち着いて対応できたと思います。 就職先として少しでも公務員を考えているならば、同じ目的を持った人達と受講でき、刺激をもらえるので、受講して間違いはないと思います。

※講座名、学年は受講時のものです。

Webフォロー案内を確認する

講座のスケジュールを確認する